セミたまとは

セミたまとは?

「昆虫食があたり前の世の中をつくる」

これまでの昆虫に対する概念を覆し、 時代の大きな流れへと変えてゆく。

そのために行動を起こし続けるのが私たちセミたまです。

20代~30代の若者が、昆虫食界の第一人者の内山昭一さんの協力の下、昆虫食や地域活性化について考え、 WEBメディアでの発信やプロデュースといった具体的な行動となって、 新しい昆虫食の潮流を起こします。

 

私たちの理念

VISION

昆虫食があたりまえの世の中に

MISSION

昆虫食の新たな潮流を起こす

Value

とにかくやってみよう

 

私たちの考える昆虫食

日本でも60年代までは、55種類もの昆虫が食べられていました。

それが1985年には6種類にまで激減します。

この間、日本の経済は劇的に成長しました。

私たちの生活も非常に便利になりました。

しかし、この便利さの過程で、失われたものもあるのではないでしょうか。

世界には今でも昆虫食が当たり前に食べられている地域があります。

私たちは昆虫食を通して、日本にもかつてあった、この当たり前を見つけたいと考えています。

 

多摩市について

私たちの活動は、多摩市の実施する多摩市若者会議がきっかけでした。

世間ではまだまだ認知されていない昆虫食に対して、市長をはじめとする市、市議、市民のみなさんのご理解があるからこそ実現できている活動です。

「多摩市を昆虫食のメッカに!」というのも密かに狙っています(笑)

あなたのまちでもできます!昆虫食!!

昆虫食は、昔から庶民に食べられていたもの。今でも世界各国で食べられています。そんな昆虫食の取り組みはあなたの地域でも実践可能です。こんな取り組みをしてみたい!ということがあれば、お気軽にご連絡ください。