セミが好むのはこんな木!セミの種類によって好みも違う!

こんにちは。

セミたまライターのみんみんです。

さて、森や林でセミ採りをしていると、セミが多く集まる木、集まらない木、抜け殻が多く見つかる木、見つからない木と差がある事に気付くと思います。

それは多くの昆虫と同様にセミも種類によって好む木があり、それぞれの種類により以下のような木を好むようです。

●アブラゼミ…サクラ、ケヤキ、モミ、成虫はサクラ、ナシ、リンゴなどバラ科樹
●クマゼミ…サクラ、ケヤキ、センダン、ホルトノキ、キンモクセイ
●ミンミンゼミ…サクラ、モミ、ケヤキ
●ニイニイゼミ…サクラ、ケヤキ、エノキ、マツ、モミ
●ツクツクボウシ…アカメガシワ、モミ
●ハルゼミ…ヒマラヤスギ、アカマツやクロマツなどのマツ林

セミは幼虫も成虫も樹液を好むので、樹液を沢山吸える樹を好むようです。

アブラゼミは梨やりんごなどのサクラ亜科の果樹をよく好むため、北海道から九州まで日本中の何処でも見ることができます。
基本的にセミは無害な昆虫として扱われていますが、果樹園では時として大発生して樹木を弱らせることがあり、サクラの多い遊歩道や団地周辺では連日大音量で騒がしいそうです。

またセミはリンゴやナシの木も好むので、ナシ農家が多く集まる場所には大量にいるもしれませんね。

セミの成虫はよく見かけますが、幼虫は見たことがない人も多いのではないでしょうか。

抜け殻はよく見つけるけど、なぜだろうと思ったことはありませんか?

実は、その理由は時間にあります。

そんな疑問に答えるため、こちらに記事をつくりました。

セミの幼虫を見かけない理由は時間にあった(幼虫の捕り方)

また、セミの寿命は短いと言われます。

そんなセミの寿命の謎ですが、本当のところはどうなのでしょうか。

そんなところに迫ってみました。

セミの寿命の謎に迫る。冬は越せるのか?

セミを捕るときですが、わざわざ虫網を買わなくてもペットボトルで簡単に作れるんですね。

安い!簡単!持ち運べる!虫網を使わない新しいセミの捕り方

私たちは昆虫食に関するさまざまなイベントを実施しています。

セミを捕って食べるセミ会というものもその一つです。

セミの幼虫を簡単に捕まえられるトラップを発明!オンラインセミ会2020

イベントにご興味のある方はぜひこちらをご覧ください。

昆虫に関する新たな発見があると思います。

以上、セミたまライターのみんみんでした。