ミールワームってどんな虫?どんな味がするの?

海外で食べられる昆虫食として有名なミールワーム。

昆虫食を取り扱った番組などで登場することも多く、聞いたことがある人も多いのでは?

スーパーワームと言われたりもするのですが、そもそもどんな虫なのかイメージしづらいです。

この記事では、ミールワーム正体や食材としての味、入手方法などについて書いていきます。

そもそも「ワーム」ってなに?

ワームってそもそも何なんでしょうか?

釣りをしている方はルアーとしてなじみがあるかもしれません。ワームというのは、みみずのような細長い虫の英語名です。

ミールというのは、食事という意味の英語。もともと動物の飼料として使われていたのですが、昆虫食としても活用されるようになってきました。動物の食事用の細長い虫だから「ミールワーム」と呼ばれていたんですね。

セミたまメンバーでミールワームを食べた時の様子

ミールワームは何の虫?

ミールワームといわれているものの正体は、ゴミムシダマシ科の幼虫ということです。つまり、特定の虫の幼虫ではないんですね。

カブトムシの幼虫よりもずっと細長くて食べやすいものだとイメージしていただければと思います。

カイコと同じように室内で繁殖させる技術が発達しているので、養殖には非常に適していると言えます。産業としての昆虫食にも向いているということですね。

なんと、ミールワームは発泡スチロールを食べるため、自然界では分解されにくい発泡スチロールがミールワームによって、自然に返るといったことも実現できるかもしれません。

ミールワームの栄養は?

ミールワームは昆虫ということもあって、タンパク質が豊富です。

ただ、一方で脂肪が多く、カロリーが高めなので、たくさん食べるのはあまり適していないかもしれません。

もう一歩踏み込むと、カルシウムに対して、リンが多いため、カルシウムが摂取されにくいという点があるようです。

ミールワームの気になる味は?

実際にミールワームをセミたまメンバーで食べてみました。

食べたミールワームはこちら

土屋
茶色いからあまり抵抗感がないですね。
伊藤
茶色いと抵抗ないんですかね?
土屋
白くてうねうねしていたら抵抗感があるかなと。
本田
これはすごい見た目ですね。食べてみると・・・ポリポリ音がしますね。
土屋
ぷちっという食感がありますね。頭の方がちょっと硬いですね。
大澤
あまり苦味はないですね。
本田
後から香ばしい感じがします。
土屋
普通にスナックとして、おつまみとして美味しい。
本田
意外とあっさりしている。脂肪が多いということなので、もっとコテコテなイメージでした。
鬼柳
ちょっと脂肪っぽさを感じる気がします。カイコの臭みをなくした感じですかね。
土屋
柿の種のように食べられそうですね。
鬼柳
確かに手がのびちゃいますね。
土屋
食べやすいですね。多くの昆虫食は何に似ているという表現をしますが、ミールワームは味が確立している気がします。
本田
甲殻類のような味がないので、他の昆虫とは別ですね。
本田
濃いフレーバーがついているとお酒と合うと思います。
大澤
これは塩もついていないですね。
鬼柳
ポテトチップスの味がない。素のポテトチップスのような、ほのかな甘味を感じます。
土屋
わかります。
鬼柳
ジャイアントミールワームの方が大きくておいしそうですね。食べてみたいです。
土屋
これがおいしいので、ジャイアントミールもおいしいかと思います。
幼虫のことをミールワームというんですか?
大澤
こういった形がミールワームというのだと思います。

ミールワームはどこで入手できるの?値段は?

値段としても意外とお手頃で手に入ったりもします。

冷凍のものだと500円以下で入手できます。

昆虫食は高い?安く食べられる昆虫食ランキング

チョコレートでコーディングされているものを売っていたりもするので、そちらの方が見た目的にも味としても食べやすいかもしれません。

クラッカーに乗せるなど、ちょっとしたアクセントとして使えたりもします。

食べてみた感想はこちらをご覧ください。

昆虫食自動販売機2か所の中身を食べてみた!