ミールワームってどんな虫?どんな味がするの?

海外で食べられる昆虫食として有名なミールワーム。
昆虫食を取り扱った番組などで登場することも多く、聞いたことがある人も多いのでは?

スーパーワームと言われたりもするのですが、そもそもどんな虫なのかイメージしづらいです。

この記事では、ミールワーム正体や食材としての味、入手方法などについて書いていきます。

 

そもそも「ワーム」ってなに?

ワームってそもそも何なんでしょうか?

釣りをしている方はルアーとしてなじみがあるかもしれません。ワームというのは、みみずのような細長い虫の英語名です。

ミールというのは、食事という意味の英語。もともと動物の飼料として使われていたのですが、昆虫食としても活用されるようになってきました。動物の食事用の細長い虫だから「ミールワーム」と呼ばれていたんですね。

 

(セミたまスタッフでミールワームを食べに行った時の写真)

 

ミールワームは何の虫?

ミールワームといわれているものの正体は、ゴミムシダマシ科の幼虫ということです。つまり、特定の虫の幼虫ではないんですね。

カブトムシの幼虫よりもずっと細長くて食べやすいものだとイメージしていただければと思います。

カイコと同じように室内で繁殖させる技術が発達しているので、養殖には非常に適していると言えます。産業としての昆虫食にも向いているということですね。

 

ミールワームの栄養、味は?

ミールワームは昆虫ということもあって、タンパク質が豊富です。

ただ、一方で脂肪が多く、カロリーが高めなので、たくさん食べるのはあまり適していないかもしれません。

もう一歩踏み込むと、カルシウムに対して、リンが多いため、カルシウムが摂取されにくいという点があるようです。

しかし、脂肪が多いためか、サクっとしていて、おいしく食べられます。

味としては、ナッツのような味と言われますが、そうすると、セミと同じような感じになりますね(笑

セミを食べる。実は結構奥が深かった

値段としても意外とお手頃で手に入ったりもします。

冷凍のものだと500円以下で入手できます。

昆虫食は高い?安く食べられる昆虫食ランキング

チョコレートでコーディングされているものを売っていたりもするので、そちらの方が見た目的にも味としても食べやすいかもしれません。

クラッカーに乗せるなど、ちょっとしたアクセントとして使えたりもします。

食べてみた感想はこちらをご覧ください。

昆虫食自動販売機2か所の中身を食べてみた!