タケムシ(バンブーワーム)を食べる。その特徴は?おいしいの?

東南アジアなどの伝統的な昆虫食として食べられてきたタケムシ。

日本ではなじみのない虫ですが、今回はそのおいしさに迫ります。

タケムシ(バンブーワーム)とは

タケムシは、タケツトガという蛾の幼虫です。

竹を食べるので、竹虫(タケムシ)ということです。

そして、竹は英語でバンブーなので、バンブーワームと言われています。

東南アジアや中国南部で生息しており、ずっと食べられてきました。

竹の中で約8ヶ月にわたり冬眠し、その冬眠期間はタケムシが集合しているので、そこを狙って捕まえるといった形で採集しているようです。

アジアで温かいので、冬眠というのは違和感があるかもしれませんが、モンスーン気候で雨季(雨の多い時期)を挟むため、卵が流されるのを避けるためという理由がありそうです。

タケムシ(バンブーワーム)の味は?

竹を食べていることもあってか、その香りに特徴があります。

あまり味が強いわけではないため、何も知らずに口に入れられたら、何かわからないかもしれません。

ミールワーム同様、幼虫のため、脂肪分が多めなので、食べているうちにその甘味が出てくる感じです。

ミールワームってどんな虫?どんな味がするの?

パリパリとした食感で食べやすいのですが、粉っぽさを感じる部分もあり、好みが分かれるようです。

売っているものを実際に食べてみた

今回食べてみたのはこちら!(おろちんゆー Favorite mix bugoom(バグーム))

土屋
見た目がめっちゃ柿の種。
鬼柳
乾燥させているので、平べったい感じになってますね。
土屋
私は好きです。パリパリ感が。
本田
香りが強いですね。粉っぽさもありますね。
土屋
中に行くと乾燥した感じがなくなって、ちょっと水っぽいですね。
鬼柳
ちょっと初心者向けではないかもしれません。
土屋
虫にみずみずしさは求めたくないですよね。
本田
からっとしてほしいですよね。
鬼柳
昆虫を食べたことがない人から、よく「なんかぐちょっとしてそう。」と言われますしね。
伊藤
温めてみましょうか。
土屋
温めるとみずみずしさがなくなりましたね。
鬼柳
でも、粉っぽさはありますね。
土屋
調理の方法を工夫すればもっとおいしくなりそうですね。

日本にはいないタケムシですが、これからの広がりに期待ですね。