セミの種類によって味も違う。食べ比べした結果…

オンラインで実施したセミ会2020。

ニイニイゼミ、ミンミンゼミ、アブラゼミの3種類を捕ることができました。

そこで、3種類の食べ比べと味の違いについて、昆虫料理研究家の内山昭一先生、お笑い芸人かにゃの丸沢丸さん、セミたまのみんみんで実際に食べて感じてみました。

食べてはいけないセミとは

内山さん
実は食べてはいけないセミもいるんです。
みんみん
それはどんなセミですか?
内山さん
それは生のセミです。必ず加熱処理をしないといけません。

また、死んだ昆虫も食べてはいけません。

昆虫は農薬などに弱いので、農薬などの恐れもあります。

それ以上に、まずいんですね。

丸沢丸さん
それは、食べたことがあるということですね!
内山さん
落ちて死んでいるのは、カサカサです。
丸沢丸さん
水分が抜けているということですね。
みんみん
捕まえるのが楽だからということで、死んでいるセミを捕って食べてはいけないということですね。
丸沢丸さん
食べないでください!

セミの食べ比べ

セミの種類と調理法

今回はアブラゼミの幼虫、アブラゼミ、ミンミンゼミ、ニイニイゼミの成虫を捕まえることができました。

羽が透明なのがミンミンゼミ、羽が茶色なのがアブラゼミ、少し小さいのがニイニイゼミです。

一番味が感じられやすいということで、殺菌のために湯通しして、素揚げと天ぷらにしました。

お好みによって塩を振って食べます。

みんみん
食べた方が良い順番はありますか?
内山さん
それはお好みで。
丸沢丸さん
足の部分を上にするか、下にするか。足が刺さらないか気になりますね
みんみん
今回は素揚げと天ぷらで食べ比べてみたいと思います。
いたたきま~す!

ミンミンゼミ

丸沢丸さん
エビだな~。

エビの頭部分がもうちょっとやわらかくなった感じ。

足の部分は食べてみたらあまり気にしなくても大丈夫そうです。

内山さん
揚げたてなので、丸ごといけますね。
丸沢丸さん
一口目の時に樹液の生感というか、青臭さが若干ですがあります。そこがフワッと香るのがエビとの違いですね。
内山さん
それは捕りたてだからこそですよね。

アブラゼミ

丸沢丸さん
ミンミンゼミよりもアブラゼミの方がおいしいです。
内山さん
旨味がありますよね。
丸沢丸さん
最初の一口目の味が全然違う!

ミンミンゼミはさっぱりした感じですね。

みんみん
もっと身が詰まっている感じかと思ったんですが、サクサクといった感じですね。
内山さん
成虫はお腹の中は空洞なんですよ。

ニイニイゼミ

丸沢丸さん
ニイニイゼミについては、完全にスナックですね。塩とめちゃめちゃ合う!
内山さん
食べやすいですよね。

サクサクッという感じですね。

幼虫

丸沢丸さん
幼虫は手の部分が土を掘るためにモグラみたいにギザギザしてますね。ここが痛そう。
内山さん
見てると招き猫みたいに食べてくださいって言ってるように見えてきませんか?
丸沢丸さん
招いているわけではないですよね(笑
みんみん
弾力があって良いですね。食べている感じがしっかりします。
内山さん
食べ応えが結構ありますよね。
みんみん
味も結構しっかりしてますね。
丸沢丸さん
サクッとしたソーセージのようなイメージかも。中にちゃんと肉があるのがわかる。

脂身の少ないお肉がちょちょって乗っかっているような感じです。

素揚げと天ぷらの違い

みんみん
天ぷらで衣がつくと、より食べやすくなりますよね。
丸沢丸さん
かき揚げみたいになってますね。
みんみん
うどんに入れてもよさそうな感じですね(笑
丸沢丸さん
幼虫は、天ぷらにすると、しっとりしますね。揚げあてだからかもしれません。水分が中に閉じ込められている感じがする。その分、青臭さが若干あるかも。
みんみん
天ぷらの方がしっかりしているかもしれません。
丸沢丸さん
天ぷらの方が中の水分が守られていて、外のサクッと感と中のフラッと感があって、少し違います。
みんみん
セミの味がわかります。
丸沢丸さん
幼虫の方が天ぷらも素揚げも味がしっかりしていますね。水分が残っている感じもあります。
内山さん
やっぱり幼虫がおいしいですね。
みんみん
私は幼虫だったら素揚げで、成虫は天ぷらが良いと思いました。
丸沢丸さん
僕は両方素揚げが良いですね。全部難なく食べられる感じがしました。食感的に。
内山さん
天ぷらにすると衣がつくので、若干羽が気になったりするんですよね。
丸沢丸さん
ちょっと硬さが残りますね。
内山さん
素揚げだとパリパリ食べられるので、素揚げの方が食べやすいかもしれません。

天ぷらにすると、衣がつくので、味としては食べやすくなると思います。

丸沢丸さん
こんなに食感って変わるんだと思いました。
みんみん
だいぶ違いますね。
内山さん
フライにするとまた違うんですよね。フライだと完全に隠れるので。
丸沢丸さん
あー。最初の抵抗が全くなくなるということですね。
内山さん
見た目の食べやすさでいうと、フライ、天ぷら、素揚げの順だと思います。素揚げだと姿がそのまま見えてしまうので。

まとめ

3人の話から、セミの味についてまとめてみました。

セミの味とは

成虫はエビの頭部分が少しやわらかくなった感じ。

食べた瞬間に樹液のような香りがフワっと香るのがエビとの違い。

幼虫はソーセージのような味。

セミごとに味の違い

  ミンミンゼミ アブラゼミ ニイニイゼミ 幼虫
大きさ
さっぱり 旨味がある スナック感覚
食べやすい
サクッとしたソーセージ

素揚げと天ぷらの違い

  食感 見た目
素揚げ パリパリ サクサク そのまま
天ぷら 羽で若干の固さがでる 衣でマイルドに 衣で少し隠れる
フライ 見えなくなる

いかがでしたでしょうか。

セミも調理の仕方でいろいろ楽しむことができます。

今回は、調理に失敗してしまったのですが、幼虫は燻製が人気です。

セミの燻製の作り方

もし、セミの幼虫は出てくる時間が決まっているので、こちらを参考に捕ってみてください。

セミの幼虫を見かけない理由は時間にあった(幼虫の捕り方)

セミの成虫は鳴いているのでどこにでもいるように感じてしまいますが、木の種類で偏りあるんです。

あらかじめどんな木か把握しておいた方がずっと効率よく捕れますよ。

セミが好むのはこんな木!セミの種類によって好みも違う!

ちなみに、セミはわざわざ網を買わなくても簡単に捕れる道具が実は作れてしまいます。

持ち運びも便利なので、電車移動の時などは最適です。

安い!簡単!持ち運べる!虫網を使わない新しいセミの捕り方